ジャグラーを夕方から打つ際に必要な台選びの知識3選

どうもこんにちはゆうたろうです。

仕事帰りにスロットを打とうとなったら、ジャグラーのようなAタイプが中心となりますよね。

でも勝てない…どうやったら勝てるんだろう?高設定に座れるんだろう?

今回はそんな悩みを持つ人に向けた記事です。

後半では実際に夕方からジャグラーを打って勝ち続けている人の動画も用意してますので、最後までご覧ください。

 

ジャグラーを夕方から打つときに必要な台選びの知識

ジャグラーを夕方から打つ際はこれらのことを意識してください。

ジャグラーを夕方から打つ際に必要な知識3選
  1. レギュラー確率
  2. ある程度の回転数がついている
  3. お店が設定6を使っている
それでは順番に説明していきます。

 

レギュラー確率

ジャグラーはどの機種もレギュラー確率に大きな設定差があり、後ヅモを狙っている人はまず1番にレギュラー確率を見て高設定かどうか判断するでしょう。

実際に僕もその考えは間違いないと思っていて、やはり設定差の大きいところから見て判断するのがセオリーだと思います。

レギュラー確率を見るにあたって大事なのは、設定6以上またはそれに近い確率で引けていることです。

設定4と5の間だから打つというような中途半端な台は危険なので打たないようにしましょう。

 

ある程度の回転数がついている

回転数はついているほど設定を看破する際の信頼度が上がってきます。

500回転でボーナスが3回当たっている台よりも、5000回転でボーナスが40回当たっている方が高設定である可能性が高いということです。

夕方から打つ場合、4000回転は回っていて欲しいものです。先客が朝から打っていた場合、このくらいは回っていると思います。

先ほど、僕はレギュラー確率は設定6に近い台を打ったほうが良いと説明しました。

ある程度の回転数がついていることも条件に加えると

4000回転以上回っていて、レギュラー確率が設定6に近い台を選ぶことが高設定をつかむ近道です。

 

お店が設定6を使っている

いくら設定6を狙っても、そのお店が設定6を使っていなければ意味がありません。

じゃあいつも自分がいつも打っているお店が設定6を使っているのか?判断する方法は

個人的には小役を数えるのが1番良いと思います。

特にニューアイムジャグラーに有効です。

レギュラー確率は5と6は同じなので、どちらか判断するのは難しいです。

ニューアイムジャグラーは設定1~5までブドウの確率が同じ(1/6.49)に対し、設定6だけ1/6.18なんです。

レギュラー確率が良い台を選んで、あとは小役カウンターや携帯の小役を数えるアプリなどで小役を数えれば、その店が設定6を使っているかどうか判断することができるのです。

ここで話をまとめると

設定6を使っている店で

4000回転以上回っている台で

レギュラー確率が設定6に近い台を打

ということが重要ということでした。

 

夕方からジャグラーを打つためのお手本動画2選

ここからは実際に夕方または夜からジャグラーを打っている人で収支がプラスになっている人の動画をご紹介します。

立ち回りの参考にしてください。

 

あすかのパチ部屋 閉店ジャグラー

あすかのパチ部屋についてはこちらご覧ください。

あすかのぱち部屋で「閉店ジャグラー」という企画をやっており、大体1時間前から打ち収支はプラスとしっかりと結果を残しています。

でちゃう!webちゃんねる 閉店チャンス

有名なパチンコパチスロ実践チャンネルのでちゃう!webちゃんねるも「閉店チャンス」という閉店55分前からジャグラーを実践する番組があります。

現在297回まで続いており、158勝139敗で平均収支が+66.3枚とかなり優秀な成績を残しています

 

まとめ

今回はジャグラーを夕方から打つ際に必要な台選びの知識について説明しました。

もう一度まとめると

設定6を使っている店で

4000回転以上回っている台で

レギュラー確率が設定6に近い台を打つ

ということが重要だということでした。

ジャグラーを夕方から打つメリットはある程度高設定がどの台かはっきりしていることです。

しっかりと狙い台を絞って高設定台に座り続けていきたいですね。

今回は以上です。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です