パチンコで当たらない時こそ基本を思い出して勝ちにつなげよう

どうもこんにちはゆうたろうです。

「あー今日は全然当たらない…」

そんな日もあると思います。

当たらな過ぎて自暴自棄になって、無茶な立ち回りをしてしまう…

今回は当たらなくて自暴自棄になってしまう前に読んで欲しい記事となっています。

 

パチンコで当たらなくても、長い目で見れば収束している

パチンコの確率は1日や2日程度で収束するものではありません。

甘デジ(99分の1)でさえ90%収束するのに約20000回転必要とします。

20000回転というのはパチプロが10日間休まずにぶん回してようやくたどり着く回転数なので、仕事帰りにちょこっと打つ人や休日しか打たない人はもっと収束に時間がかかります。

マックスやライトミドルのような確率が重いタイプを好む人は収束する日数はもっとかかりますし、収支も荒れます。

「そんなことはない!絶対に確率が収束していない!」と思う人もいると思います。

ではなぜそのように考えてしまうのか。

それは人間は悪いことの方が記憶に残りやすいからなんです。

オスイチで当たったときの事はあまり覚えていないけど、5倍ハマりとか6倍ハマりの事は鮮明に覚えている人も多いと思います。

実際に僕も甘デジで800ハマりしたのと1100ハマりしたことは鮮明に覚えています。

大きなハマりを経験しているにもかかわらず、僕は収支は5年連続でプラスですし、当たらなくてもイライラしたりしません。

それは

  • 当たらなくてもハマっても長い目で考えれば大当たり確率は収束するのは分かっているから
  • 大事なのはボーダーラインを超える台を打つことで、期待値を稼ぐことだから

パチンコのボーダーラインとは?勝つための土台がここにあります!

パチンコの期待値計算のしかたについて徹底解説!勝ちたい人に絶対に読んで欲しい!!

ということを分かっているからなんです。

 

当たらないからホールは遠隔をしている?

今の時代ホールは遠隔はあり得ません。

パチンコ店の遠隔操作の実態について。遠隔を疑う時代はとっくに終わっています

遠隔をするメリットがないですし、もしバレれば一発で営業が停止になります。

そこまでのリスクを背負って遠隔はしませんよね。

遠隔をしなくてもパチンコ店は十分に設けることができます。

遠隔はユーザーの想像が大きくなりすぎたものにすぎません。

 

まとめ

今回はパチンコで当たらない時こそ基本に振り返って落ち着こうということでした。

全く当たらない時は誰だってあります。

目の前の確率に惑わされずに、長い目で考えましょう。

パチンコは、確率のゲームです。

今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です