パチンコのボーダーラインとは?勝つための土台がここにあります!

どうもこんにちはゆうたろうです。

今回はパチンコで重要な項目の1つであるボーダーラインについてです。

ボーダーラインを知ることはパチンコで勝つための重要な1歩です。

しっかりと学んで勝ちにつなげていきましょう。

 

ボーダーラインとは

ボーダーラインは、1000円辺りの回転数を目安にして収支が±0になる回転数のことをいいます。

パチンコで勝ち続けるためには

ボーダーラインを超える台を打ち続ける事が大変重要になってくるわけです。

もちろんボーダーラインを超える台を打ち続けても、1日単位では負けることもあります。

長い目で見れば、ボーダーラインを超える台を打ち続ければ必ず収支はプラスになります。

連敗しても、「ボーダーラインを超えている台を打ち続けてるから、何も問題はない」

という強いメンタルをもってパチンコを打っていきましょう。

ボーダーラインは機種ごとに変わってきますので、随時自分が打つ台のボーダーラインを確認してから打つようにしてください。

また換金率や出玉の増減でもボーダーラインは上がったり下がったりしますので、その辺もしっかりとチェックしておきましょう。

ボーダーラインには計算式があります。調べても分からない場合はこちらの計算式で出しましょう。

ボーダーラインの計算式
ボーダーライン=大当たり確率÷初当たり1回分の平均出玉×4

 

ボーダーラインを上げてしまう打ち方3選

勝つためには確変中にひねり打ちや止め打ちなどをしてボーダーラインを下げることは重要な事の1つなのですが、現在はそれをすることが難しいです。

なのでせめてボーダーラインを上げない打ち方をして少しでも出玉を減らすことを防いでいきましょう。

 

ラウンド間の止め打ちをしない

ラウンド間の止め打ちとはアタッカーが閉じて再び開くまでの間の事です。この間も打ちっぱなしにしている人も多く、非常にもったいないです。

打ちっぱなしにすると2、3発損していることになります。たかが2、3発と思うかもしれませんが、長い目で見れば大きな損失となります。

当たっても気を抜かず、しっかりと止め打ちをして出玉の減少を防ぎましょう。

 

保留3つ溜まったら止め打ちをしない

保留が3つ溜まった時点で残りの打ち出された球がヘソに入る可能性を考慮した打ち方です。

基本的に通常時は保留が3つ溜まった時点で打ち出しはストップします。

保留が4つ溜まっている時にヘソに球が入っても大当たりの抽選はされません。これをオーバー入賞といいます。

オーバー入賞は非常にもったいないです。

できるだけ保留が3つ溜まったら止め打ちをすことを心がけましょう。

 

ステージ止めをしない

ステージに球が乗ったら打つのを止めてください。

ステージ止めをしなかった場合、ステージからヘソに入賞しそうなときに他の球が邪魔をしてしまう場合があります。

意外とステージと目をする人は少ないので、これをするだけでも他の人と差をつけることができます。

 

まとめ

今回はボーダーラインについてとボーダーラインを上げない打ち方についてまとめました。

勝つためにはボーダーラインを超えた台を打つことが大切ということが分かりましたね?

ただボーダーラインを理解しただけではしっかりとした知識を身に着けたとは言えません。

次に覚えなければいけないのは期待値です。

期待値を学ぶことで

この台はどれだけの収支が期待出来る台か

が分かるようになります。

期待値を学ぶにはボーダーラインを学ぶ必要があるので、この記事を読んだ皆さんは期待値を学ぶ土台ができたということです。

期待値についての記事のリンクを貼っておきますので、こちらの記事も読んでパチンコの勝ち方をどんどん吸収していてください。

今回は以上になります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です