パチンコの軍資金はいくら必要?プロとしてはじめるなら○○○万円!?

どうもこんにちはゆうたろうです。

みなさんはパチンコ屋にお金をどれくらい持っていきますか?

「パチンコ屋で遊びたいけどどれくらいお金を持っていけば良いか?」

誰しも1回は迷ったことはあると思います。

なので今回はそれぞれの目的にあった軍資金の目安を書いていきたいと思います。

それだけではつまらないので、パチプロ、セミプロとしてやっていきたい人に向けての軍資金の目安も書いていきたいと思います。

 

結論!必要な軍資金一覧

まずは1日遊ぶための軍資金です。

遊ぶために必要な軍資金まとめ
  • 甘デジ…2万円
  • ライトミドル…4万円
  • マックス(319分の1)…6万円
  • スロット(Aタイプのみ)…3万円
  • スロット(AT、ART含む)…5万円
このくらい持っていけば、ある程度は遊べます。

ただし、これは遊べるだけであって、これだけ持っていけば勝てる!

というものではありません。

勝つためには、勝つための知識を学ばなければなりません。

他の記事を読んで、参考にしてみてください。

続いてこれからパチプロ、スロプロ、セミプロとしてやっていきたい方向けの軍資金です。

プロとしてはじめるために必要な軍資金一覧
  • パチンコ甘デジ専門…20万
  • パチンコセミプロ…100万
  • パチプロ…300万
  • スロプロハイエナ専門…20万
  • スロットセミプロ…100万
  • スロプロ…300万
このくらいは最低限持っておきたいところです。

パチンコ甘デジ専門、スロットのハイエナ専門ならそこまで軍資金は必要ありません。

もしこれからパチンコ、スロットで勝ちたいんだ!と思っている方は、スロットのハイエナ専門から始めてみることをおススメします。

ここではハイエナの立ち回りについては詳しくは書きませんが、簡単に説明するとゲーム数が天井に近い台を打ち、期待値を稼ぎ続ける立ち回りの事です。

ハイエナで食べているスロプロのブログはたくさんありますので、そちらを参考にしてみると良いかもしれません。

続いてセミプロとしてパチンコ、スロットで稼ぎたいという人は、100万円は欲しいところです。

ここでのセミプロは、会社員として働きながら平日の夕方もしくは土日を使って稼いでいく人の事を指します。

セミプロの良いところはお金を得る手段のリスクが分散されているということです。

パチンコスロットで負けても会社からの給料があるというのは精神的にも安定しますし、デメリットがないです。

次にパチプロ、スロプロとして頑張っていきたい方は300万円は必要です。

「300万円って多すぎない?」と思った方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

僕の知り合いに何人かパチプロがいるのですが、「期待値100万積んで実収支は-50万」みたいな報告を何回も受けたことがあります。

それくらい今のパチンコスロットは荒いので、300万くらいあった方が良いのです。

お金に余裕がある方が立ち回りにも余裕が生まれます。

「このお金を失ったら家賃払えない…」そんな状況でしっかりとした立ち回りをする事はできませんよね?

心の余裕を持つためにも、300万円くらい持つことが必要です。

 

遊びたい、稼いでいきたいけどお金が足りないときはどうすれば良い?

必要な軍資金は分かったけどお金が足りない…

稼いでいくために必要な軍資金が分かったけどお金が足りない…

そんな人はどうすれば良いかというと

アルバイトをしましょう!!!

はい。ということです。

軍資金が貯まるまでは我慢です。他の事をしてお金を貯めましょう。

ここで決してやってはいけないのは、軍資金が足りないままパチンコスロットを打ってしまうことです。

「10万しかないけど、ハイエナいけるっしょ!」と思ってはじめると痛い目見ますよ。

大切な資金を守るためにもしっかりとお金を貯めてから始めましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です